toggle
2017-08-22

DELF A1受験記

私はパリで受験しました。

パリだとアリアンス・フランセーズという語学学校が受験地になっています。

アリアンス・フランセーズのデビュタントのコースに2ヶ月間通っていたので、割引価格で受験できましたが、それでも受験料は100ユーロくらいしました。

A1は、滞在許可証の申請や、フランスで仕事を探している人は職安から受けた方が良いと言われるので、受験者がすごく多いです。

私が受験した時も、50人以上の人がいました。

ほとんどがアフリカ人で、筆記用具を持って来ていない人とか、着席してからも歌を歌ってる人、机をどんどん叩きながらダンスしている人etc…とにかく日本のそれとは全く異なる雰囲気でした。

私は少し緊張していましたが、アフリカ人の人たちの様子にちょっと笑ってしまって、緊張した気持ちがほぐれたのを覚えています。

最初、リスニングから始まりましたが、7月で暑かったので、窓が開いていました。

車の通る音なども気になって、日本人的には窓を閉めて欲しかったのですが、開けたままで試験開始。

そこでびっくりなのが、試験が始まっているのに、普通に喋っている人がいるのです!

試験官に注意されると、一瞬黙るけれど、すぐに喋りだすのです。

リスニングに集中できず、本当に腹が立ちました!!!

日本で試験中に喋り続ける人がいたら、きっと教室からしめ出されると思います。

無事に合格出来たし、今となっては笑い話になっていますが、その日は本当に腹が立ちました(笑)

筆記は無事に終わり、確か翌々日あたりにスピーキングのテストがありました。

優しそうな若い女の先生に当たり、「ジジジジジュマペール・・・」みたいな私のフランス語も笑顔で聞いてくれたのでラッキーでした。

自己紹介のあとは、スポーツの絵が描かれているカードを2枚選んで、観光案内所でこのスポーツが出来るかどうか、値段はいくらか、みたいなことを聞く問題でした。

緊張していてあまり覚えていないのですが、全然できなかった…と思ったことは覚えています。

合格発表はアリアンス・フランセーズに張り出されるので、1人でささっと見てきました。

無事に合格していたので、受付で合格証をもらいました。

なんと100点中87点という高得点で合格していました。

あんまり自信がなかったので、すごく嬉しくて、夫に電話をして報告しました。

オーラルは25点中15点。

3点くらいだと予想していたので、15点も貰えていて感激しました。

たかがA1ですが、2ヶ月ほど育児の合間をぬって頑張って勉強をしていたので、合格できた時の達成感が気持ちよかったです。

受験料が高いので、A2はスキップしてB1を受けようと思ってから早3年経過…

B1に向けてそろそろエンジンをかけようと思います。

 

 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA