toggle
2019-03-01

刺繍初心者の方必見!図案の探し方

刺繍を始めたいけど、何を刺していいかわからないという方へ、ぜひご一読いただきたいです。

刺繍教室に初めて来られる方で、何を刺したらいいかわからないというお声をよく聞きました。

  • 「この図案は難しいですか?」
  • 「私でも刺せますか?」

という質問もよく頂きました。

初心者の方におすすめな図案の探し方をご紹介します。

刺繍本から探す

基本の「き」ですよね。

刺繍本から探すのが一番楽だと思います。

刺繍本には、図案の他にも、刺繍糸の色番や使うステッチ、刺繍作品を使っての小物の仕立て方も載っているので、初心者の方には必要な情報が集約されています。

好みにもよりますが、刺繍初心者の方にお勧めなのが、佐藤ちひろさんのこちらの本。

図案と色使いが素敵なので、簡単な図案でも素敵に見えます。

私のお教室でも、こちらの本は人気でした!

画像をクリックするとAmazonへとびます。

初心者の方には少し難しいかもしれませんが、樋口愉美子さんの本もお勧めです。

チェーンステッチで面を埋めるのが大変且つ目の大きさを揃えるのが難しいのですが、センスの良い色使いとオシャレな図案の数々にうっとりです。

クロスステッチの場合

クロスステッチの場合は、キットを購入するのがおすすめです。

クロスステッチ用の布、クロスステッチ用の針を揃えるのは、少しハードルが高いので、まずは小さなキットを購入してみるのが良いと思います。

私のお勧めのキットは、jeu de filsさんのキットです。

色使いと図案が素敵です。私もいくつか買いました〜

アマゾンにもかわいいキットがたくさんありますよ。

まずは小さくてすぐに終わるものから始めましょう。

図案が載っているステッチイデーを買う

日本ヴォーグ社が出している「ステッチイデー」という雑誌も面白いです。

刺繍というよりは、手芸全般についてに書かれています。

刺繍の作品の図案(チャート)や作り方はもちろん、有名な刺繍作家さんのコラムや対談があったり、新しいお道具の紹介などの情報が載っているので、これから刺繍や手芸をしてみようと思う方にはお勧めです。

年に4回発行されおり、バックナンバーも在庫があるものは購入できます。

チャート(図案)付きなので、どんな刺繍がやりたいか(フランス刺繍、クロスステッチ、ドロンワーク、白糸刺繍、刺し子など)が決まっていなくて、なんとなく色んなものを見てみたいなという人には、すごくおすすめ!

カスタマイズ志向の方におすすめの方法

ステッチの種類や使う色は自分で決めたい!という方は、googleやpintrestで「刺繍 図案」「クロスステッチ チャート」などで検索すると、フリー図案を入手できます。

日本より外国の方の方がフリーで図案を載せている人が多いので英語で(embroidery pattern, cross stitch chart)などで検索すると良いかもしれません。

クロスステッチだと、SAL(Stich a long)といって、毎月とか2週に一度とか、決められた間隔で少しずつオープンになるクロスステッチのチャートをみんなで刺す、みたいなプロジェクトもあります。説明が下手でごめんなさい。

インスタやFBなどで、有名な刺繍家さんが募集?しているのをよく見ます。

イースターやクリスマス、ハロウィンなどのイベントまでに完成するものが多いような気がしますが、通年でももちろん企画はあるはず。

あとは、etsyでPDF版の図案が1ドルくらいから売られているので、気に入った作家さんを見つけたら買ってみてもいいと思います。

図案だけ買う場合は、布や色を自分で決めなければなりませんが、それだけ自由度が高いので、自分の好みに合ったものが作れます。

まとめ

刺繍をしたい!と思ったら、

  • まずは本屋さんや図書館で、本を探してる
  • インターネットで「刺繍 図案 フリーチャート」などで検索する
  • インスタやFBで図案を公開している人を探す
  • 刺繍キットを買ってみる

という感じで始めるのが良いと思います!

面を埋めるよりも、線で描くステッチの方が簡単なので、あまり入り組んでいないシンプルな図案を選んでくださいね!

バックステッチ、アウトラインステッチ、チェーンステッチあたりでまとめると良いと思います。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です